ハッピーメールの感想【10人と会った男の暴露話in山形】

H.J.さん 23歳男性 大学生
ハッピーメールの感想投稿ハッピーメール
【地域】山形市
【会った人数】10人
【ひと言】都会なら掲示板で結構会えると思う
【評価】5/10点

 

ハッピーメール初心者時期:1~4人目までの出会い

ハッピーメール感想を語る男まずは僕がハッピーメール初心者な頃のお話。ハッピーメールは登録に電話番号を使うのでサクラは存在しないだろうと思い込んでいました。そんな頃のお話です。

どの出会い系サイトでもそうだと思いますが、プロフィールと出会いを募集する掲示板があります。そこで好みの人にポイントを払いつつメールのやり取りするという流れですが、4人目までは全て相手から連絡してきました。

出会い系だからみんな積極的だと勘違いしている私は、出会う約束をして待ち合わせ場所に行ってそこで女性と会いますが、みなさん日本語が下手くそでした。外国人の業者さんでした。

業者さんはとにかく会おうとしてきます。そして実際に会ったらお金を請求してきます。とにかく4人目までは業者さんの特徴を掴んで、メールの段階で見分けるようにするための期間でした。

ちなみにお金はメールのやり取りだけで1000円ちょっとかかり、業者さんには払わないでその場で断りました。

業者の外人女性
 

ハッピーメールやや慣れ期:5~8人目

さて、女性の方から連絡してくるのは全部業者だとわかった僕は、自分からメールを送るようにしました。

プロフィールを丁寧に読んでメールを送りました。「初心者なので~」って書いてる人も基本的に業者さんです。趣味などをしっかり書いてる人に絞ってました。

この作業で4人の女性と会いましたが、結論から言うと業者ではないけどお金が欲しい人たちでした。

この人たちはこちらの話しをそこそこ聞いて、写真などを交換してから会おうと行ってきます。彼女たちの中で最低基準があるのでしょう。

終始メールでやり取りしていました。業者と比べると会うまでに時間がかかるのでメールをするだけで3000円近くかかりました。

ちなみに2人くらい見た目が好みの子がいたので、お金を払って色々とサービスしていただきました。

ハッピーメールの感想ハッピーメールで好みの異性を見つける

 

ハッピーメール掲示板を利用

8人目までは一人一人のプロフィールを見てメールを送っていたのですが、9人目からは僕も掲示板を利用するようにしました。

掲示板では不特定多数の人が見てくれるので効率はいいと思います。

僕の掲示板の書き方としては「具体的な地名を書くこと」「人間味を出すこと」を重視しました。
 

掲示板を使う実例と結果、9人目

たとえば僕は山形市に住んでいるので「山形市の〇〇町の△△△という居酒屋なう」とか「最近失恋したので飲みながら愚痴を聞いてください!」のようなことを書きました。

当然業者もメールをくれますが、それを今までの経験から振り分けて本当に出会ってくれそうな人を絞ってメールを返信しました。

「失恋したので愚痴を聞いてください!」は実際に使ったもので「私も最近失恋したので愚痴を聞いてください」と返事があったので会うことにしました。

この人は業者でもなく、お金目的でもなかったのですが、お酒を飲んでるうちにだんだん昂ぶって泣き出したりと、少々精神的に傷ついていたので少し困りました。

重い感じだったので深追いはしませんでした。ただラインもゲットできましたね。かかった費用はメールでの1000円と飲み代くらいです。
 

9人目での反省

それからは、9人目までと同様にハッピーメールの掲示板をフル活用しました。これまでの経験でわかったことは、掲示板を見て同じ気分の人が来るということです。

9人目の人で考えると、同じ失恋の痛みに共感してメールをくれたということです。僕の失恋したっていう内容は、人間味を出すための嘘だったのでここが反省点です。
 

ポケモンGoを利用、10人目

僕は女性と楽しく会いたかったので、そんな人が興味を持ってくれる内容を必死に考えました。そこで思いついたのが「山形市〇〇町のポケストップを巡りましょう!」です。

思った通りにポケモンGoにはまった人からメールが来て、すぐに会うことにしました。

楽しく過ごすことができたので、この後も関係が持てたらと思ったのですが、残念ながら人妻でした。さすがに責任を負いたくなく、会うのは極力控えています。
 

これまでの感想と今後

さて、今は本物の出会いを求めて11人目にチャレンジしようとしていますがなかなか厳しいです。

ただ関東のような都会でハッピーメール掲示板を利用したら、結構出会えると思うのでぜひ活用してみてください。

ハッピーメールの口コミハッピーメールで理想のパートナーを見つける